Mostly, this is diary.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-転校生

+A transfer student
転校生がきた。
1学年1クラスの学校には珍しいことだった。
私は最初に在学した小学校で1から4年生までを過ごすのだが、同じクラスへの何人かの転校生の1人だった。

彼女の転校はあらかじめ話題になっていた。
なぜかというと通学区内と思われる田園に、地域の人が誰も見たこともない『お屋敷』が建設中だったのだ。
その家の大きさといったら、今考えてもガレージを別にして3階建attic付。
...見当もつかない程広かった。

気になったのは正面ファサード中央についた煙突。
暖炉があるのかな?
暖炉って見てみたいな。
絵本や物語にでてきた暖炉、見てみたいな。
誰もが興味津々だった。

ちなみに。
当時、周辺の子供達の興味を引く物にとして他に選挙宣伝カーがあった。
どのように興味を表現するかというと、立候補者が宣伝カーで当該地域を遊説すると後ろから子供達が走って追いかけていくのだ。
特に彼らは政党や政治に興味があるわけではない。
立候補者はひたすらこういっていたことを思い出す。

「ありがとうございます。応援ありがとうございます。...お父さんやお母さんによろしくね。●●候補の■■です。覚えてね? 」


ところで。
噂は噂を呼んでいた。
例の家はヨーロッパ風別荘でとにかく巨大だった。
持ち主は会社社長らしい。
出身は東京らしい。
お金持ちらしい。
噂は親から子供達からどんどん耳に入ってきた。

ある日、その家が完成して庭に人影を見た。
母と来るまでその場所を通ったのだ。

おさげ髪をした少女達2人が庭で遊んでいた。
年は私と変わらないように見えたが、背の高い少女だった。

後に学校に行ってまたお屋敷の話題がみんなの口に上ったとき、自分も少女達の話をしてみたのだった。
その話を学校でしたとき、ふと思い浮かんだ。
「あのおうち、きっと子供が3人いるよ。」

するとある女の子達に問い詰められた。
「ほんとなの?! みんなに言うよ? 誰かに聞いたの? どうして知ってるの?」
私が知っているということはどうやら罪らしい。
違ったら殺すと言わんばかりだった。

「『きっと』っていったのに。」
いったいわない、なんだかんだ...

実際、そのお家には私と同学年の娘の他に年が少し上の姉とまだ小学校にあがれない年の妹がいた。
転校生の名は、ある女優さんと全く同じ名前だった。
田舎にはいない美人の家族だった。
よかった☆
私は偶然私の推測が当たっていたからって自慢はしなかった。
結果がどっちでも悪く言われたのはいただけなかったけど。

お屋敷に招待されて、暖炉も見せて貰えた。
暖炉でマシュマロを焼くとバナナの味になることや、外国旅行の話を聞いて別世界だと思った。
彼女はみんなと同じ田舎の中学校には上がらず、やがてまた東京に戻っていった。
お父さんの会社も人手に渡ったようだった。
それが買収だったのか、何なのか当時の私にはわからなかった。


-
A transfer student had come when I was at an elementary school in the country side.
She was one of several transfer students to the same class.
It was unusual to have transfer students at the school because we were in the great country side.
I had to spend 1 to 4th graded at this elementary school registered first,

We people had a lots of rumor about her family and their house before she came.
The family made the biggest house like a villa that we hardly ever seen before in the surrounding.
The house had a garage in the back yard separately, and 3 story including attics.
The chimney located on the center of front facade.

Do they have a fireplace?
OMG...I'd like to have a look of a real fireplace.
I thought they never became true in the hood, but somewhere Europe or USA.
Everyone was very interested in the house and the new family.

More rumor came after rumor.
The famous house had an Swiss look.
The owner seemed to be a president of a company.
The family will come from Tokyo.
They must be very rich.
Rumor running through from all the children and the parents.

Finally, the house was completed.
One day, I saw people on the garden of the huge house when my mother was driving through in front of them.

At least, two girls were playing at the garden.
Or was it 3?
I thought their age might be same me because of my height.

A day or two, I brought the topic to my school.
"The rich family at the house, I believe there are 3 girl children."
The news made girls very upset, because they haven't seen the girls before I saw.

Some girls came close to me and said,
"Oh, Really? Is it true?! Did you ask anyone? How do you prove it.?"
They gave me a look as if I was a criminal.

"I saw girls were on the garden. At least, they were 2 of them. "
I continued in calm.
"and... somehow I think they were 3 girls sisters. Was it too bad?"

They said,
"Of course, It's wrong. You didn't make sure. There's no true word. "
I knew assumption are allowed for all the people.
And they do too.

Indeed, God bless my assumption.
It was perfect because the famouse family 3 sisters only.
Even more, one of the sister had exactly same name as a famous actress.
Altgough mean girls said my assumption was just a coincidence, truth made me feel so good.

Anotherday, the family invited girls to the residence, so I had a chance to have a look of the beautuful fireplace.
You know?
Direct fire baked marshmallows have the same taste of bananas.

The rich girls returned to Tokyo,
I have no crue to know what they are doing now.
Rumor saids,
Girls needed sophisticated education in Tokyo.
The company of their father had a new president.

I guess they have good life here in the earth.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。