Mostly, this is diary.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Amphibious vehicle111807

-君は水陸両用バスを見たことがあるか?
+Have you seen the amphibious sightseeing bus?
-
せめて白黒で紹介すべきかどうか悩んだけど、あえてカラーでご紹介します。
水陸両用車は007シリーズやルパン三世でお馴染みだけど、観光バスタイプの実物を見るのは初めて。
水陸両用車は、水上、陸上共に走行が可能な自動車であるため、陸上走行には運転免許、日本において水上を走行には、船舶免許が必要とのこと。

写真のバスはイスズ8tトラックをベースに、米CAMI社が改造を行ったもの。
全長約12m、最大搭載人員39人、陸上を100km/h、水上を4.5ノットで移動可能。
家庭用の廃油を燃料に使用。

国土交通省は2007年6月12日、日本初の水陸両用バスの営業を許可。
これによりNPO法人大阪みずかいどうはちまるはち等を事業主体として、大阪市のなんばパークスと大川の間を往復するというルートのツアーが行われた。 その後、2007年8月~11月の間、観光目的での集客見込み等の社会実験としての運行が行われている。

明日11/19から大阪に行くとのこと。


+
An amphibious vehicle is a vehicle or craft, that is a means of transport, viable on both land and water as an amphibian.
Amphibians applies equally to any land and water transport no matter their size are,

Amphibious buses are employed in some locations as a tourist attraction.
This is the Japanese amphibious sightseeing bus.
The fuel of this bus is cooking oil used at home.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。