Mostly, this is diary.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その後、お客さんは誰も来なかった。
先輩が帰ると、しばらくお店で不思議な彼とお話しする時間が持てた。


今、どんなお仕事してるの?
あ。学生だからそんなにお仕事ないのか。

早く主役になれるといいね。
試験があるの?!
大変だね。

え、まわりが? そんなの大丈夫。
要はそこに名前が入ってなきゃいいんでしょ?
紋も駄目?
じゃ、なんかマーク考えちゃえば?

......マークって?

いやあ、なんかそれを見てすぐこれが誰かを意味するシンボル。

大丈夫。要は試験に合格と、適任証をもらうこと。
それだけでいいの!
考えてもしょうがないじゃん。
恨むなら、うーん私でも恨めば?

恨むより、試験に合格したらお祝い配るでしょ?
そのこと考えよ?

だからっ!

いいの!!
どうかこれからもよろしくお願いしますって、頭を下げてお母さんとお願いに行くの!
お世話になったところとか、ご迷惑おかけしたところとか。
お願いに行って何が悪いの? 
それに手ぶらでお願いに行くバカがどこにいるのよ?
そうでしょう?

それに私デザインしたいんだから好きにさせて!
...うーん。どんな絵柄がいいかな~?

描け。

え~私?
いやあ、弱っちゃうなー。
紙、紙... マスター? コレもらっていいですか? 紙?
どうもありがとう。

(近くにあった紙、あれは広告の裏だったか?)

じゃあ、縦が良い? 横が良い?

縦。

ん~、飾ってくれる人がいるかもしれないから横にしよ。

じゃあ聞くな。

ん~? どうしようかな。夢路だったらこーんな感じ?
葉っぱとか、花火とか...色は...。
(その頃、竹久夢二のデザイン画の本を私は持っていた。書店で手にとって、夢路の手ぬぐいのデザインにいたく感動して購入。)

うーん。
こー... なんか、こんな...。
この植物は根が張ってって、株で繋がってるのよね。
ほーら、これで横長になる。
でね、大抵みんなミツバなんだけど1個だけヨツバなの!

月並みだけど幸せのシンボル。
なかなかないのよ、本当の幸せなんて。

さて、花はどうしようかな?
シロツメクサにしようか、アカツメクサにしようか?
シロだけど、まぁ概念でいいよね。
ってことは、これでいい。
どうよっ?

それからバタフライだな。
え~、概念的に蝶なら何でも。
モンシロチョウが多いけど、アゲハチョウの方がいいな~っと。
飛んでる蝶の羽はアゲハ以外こうはならないけど、よしこれでいい。
...どうよっ?

ああーそれからっ、一応暖簾もね?
こんなこんな...こんな柄がよく昔の織物の柄にあったじゃない。
パクってないのよ?
で、これが中央で束になってて、下がちょっと長めで...
ここのこの辺が、ほらっ?! 違うんだな~。

何よ? 気に入らないの?
じゃ、いいよ使わなくて。

そのかわりコレの前で写真を撮って何かに使って。
何かって? 何かよ。何か!
何かが何かなんて知るわけないでしょ?

どういう格好をするかというと、町人の遊び人みたいな髪型して...そうこの辺が町人に比べて下がってるの。
手には扇を持って...こんな感じ。
膝は少し曲げる。
体は横向きで、顔をこう向けるのね。
着物の後ろ側の襟って男の人もこうぐっと下げたりするの?
ふうん。じゃ、そうして?
決めた。この人物は『(?)』

何で...?

なんでも名前があったほうが良いから。

...何か調子に乗っていろいろ描いたな。
まぁ、機会があったら使ってやる。

使わなくても捨てちゃ駄目よ。
最初のコレ。
これは人生そのものを表してるの。
幸せって人生にそうはないから。
それにねっもし間違って私が有名になったら価値が出るかもよ?
だから捨てちゃ駄目だよ?
無料であげるんだから。
「はい、どうぞ。」

...わかった。大事にする。

このデザインに著作権はない。
遠い未来、この言葉の意味を私は3度知った。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。