Mostly, this is diary.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空想家になるには。 
By a daydreamer or a visionary.
小さい頃、空想家だったと思う。
何でそうなったかって、家から出てはいけないといわれて素直に出なかったから。
祖母が子守で監視に呼ばれた。
散歩以外、外で遊んだ記憶がないぞ?

1.外に出ると汚れる(当たり前です...)
2.お仕事の邪魔になるから、お家でいい子に遊んでいろといわれた
3.病弱だった...

実際体が弱かったのだが、大人になって考えてみると『病弱』だったのには理由があるのではないか?
沸々と疑問がわいてくる。

成長とともに改善された点、改悪された点も見て親に疑問がたくさん出てきた。
一緒にいた時間が長かったせいか、メインは母なのだが。

私はアレルギーのテストを受けた。
皮膚科で受けたと思う。
今は何でも200種類もテストできるというが、当時は200の10分の1以下のテストだった。
その結果でもハウスダストにアレルギー反応が出た。
他にも致命的にソバアレルギーがある。
両親の枕はソバ殻の枕だった。
母の掃除機をかける頻度や、その他掃除の頻度は少なかったように思う。
外にいたほうが良かったんじゃないのか?

私は小児喘息に長いこと悩まされた。
小学生になるまで、よく発作のように呼吸困難になった。
まじで息できなかった。
母。
あんたが犯人じゃないのか...?
すごく疑える節がある。

まあ、食べなさいといってカツ丼出しても、ぺロッと食べられて何一つ思い出さないだろう。
彼女は。

66歳、彼女のある日の朝ごはん。
普通の朝ごはんセット(一汁二菜+たんぱく質のおかず)を食べた。
パンを食べた。(菓子パン?)
餅を食べた。(正月の残り?)
朝9時に食べ初めて11時くらいに、饂飩でフィナーレ。
ブランチか?
彼女は300km移動できるくらいのおならがエンドレスに出る。
=3
日本人だけど日本語は通じているようで通じていない。
外国人に日本語でしゃべって言いたいことをわからせる。
1度、南米かアフリカあたりに1人で行ってみたらどうなるか...やってみてくれないかな。


まあ、家に閉じ込められて、病気がちで寝てると本を読むしかない。
本を読むと自分でもお話を造りたいと思う。
お人形遊びをする。
いろんな設定を加える。

はい、空想家一丁!







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。