Mostly, this is diary.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
満月にしか開かない店を探しに、雨の街へ。
月の無い夜、店は開かないとみえて見つからない。
誰か待っているような気がして、満月をみあげて外に飛び出すつもりが...。
堂々廻りを繰り返すうちに、煙草でも欲しいのか、しきり煙草を吸うような仕草で手を振る人がいた。

その仕草の二度目。
おかしい人かと思って、慌てて逃げた。
しきりに後ろから謝るような事をいう。

おかしいな、あの仕草どこかで見た。
あれは前に見掛けた作業服の社長?

本当なら、誰もいないのに、月明かりの下を探す。
誰も見付からないのに。

これではまた探しに出かけてしまいそう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。