Mostly, this is diary.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+
Palermo is the principal city and administrative seat of the autonomous region of Sicily, the capital of the Province of Palermo.

-
パレルモ(Palermo)はイタリアの南部シチリア島北西部の都市。
シチリア州の州都、パレルモ自治県の県庁所在地。

独自の国際色豊かな文化を生み出した中世シチリア王国の古都。
パレルモの基礎はフェニキア人によっておかれた。当時の名はジズ Ziz (花の意)という。
都市ではギリシア人の航海者や商人と交流を持つようになり、ラテン語名パノルムス(Panormus)と呼ばれた。
これはギリシア語で「すべてが港」を意味するラテン語である。


パレルモの窓辺に


ワークショップはグループに分かれた。
各グループに日本人が一人、他は数人のポルトガル人とほとんどがイタリア人だった。

私はここでダビデとドメニコに会う。
ダビデはありがたいことに英語が話せた、一方ドメニコはまったく話せなかった。
ダビデは背が高く痩せ型で、ドメニコは小柄でぽっちゃりしていた。
対照的な二人は出身も同じで、子供の頃からとても仲がいいのだとか。
彼らはタオルミーナ近郊から来ていた。
後に彼らとは劇的再開を果たすことになる。

「見て!パレルモじゃ犬もちょっとおかしいんだ。」

夜は学外で食事をとったのだが、ダビデが言った。
指差す方向を見ると、どう見ても2階の両開き窓から小型~中型の犬が顔を出している。
ただ顔を出していたのではない。

まるで恋人でも待ちわびているかのように、ぐったり窓の縁に顔を横たえて石畳の町を見下ろしている。
誰か見つけたのだろうか?
突然その犬は飛び起きると室内側に走り去った。
たぶんあの犬はイタリア式の愛の意味を知っていると見た。

「わぁ、感情表現が豊かな犬だね。お知り合い?」

「犬? もちろん知らないよ? 今日着いたばっかりだもん。」

パレルモではギリシャと同じくらい野良犬か飼犬がうろうろしていた。
日本だったら一体何頭が保健所に連れ去られることか。
南欧は犬に寛大な人が住む場所なんだな、きっと。






+
Palermo is the principal city and administrative seat of the autonomous region of Sicily, the capital of the Province of Palermo.

Palermo was founded in the 8th century BC by Phoenician tradesmen around a natural harbour on the north-western coast of Sicily.
They name for the city may have been Zîz, but Greeks called it Panormus, meaning all-port, because the fine natural harbour.


A Window side in Palermo


We students were divided into groups for the workshop.
Every each group had a Japanese student, and we were consisted of Italian people and several Portuguese.

I met David and Domenico there.
David spoke English, but Domenico spoke no English at all.
David was tall and slender, but Domenico was small and not slender at all.
Although their feature were opposite, They were from same hometown since they were born.
They came from Taorminaa.
Three of us will meet again dramatically in the future.

"Look, please! Dogs are slightly strange in Palermo."

Our group had a meal in outside.
David pointed out upperside of a building, and I found a unknown-sized dog (medium maybe?) showing his face by the side of a window.
He looked like he had been waiting for a girlfriend in 2nd floor with an anxiously and tiredness.

What he saw was a people passed by and a plaza of stone pavement.
He finally found someone.
He was suddenly gone, and run into the room.
I thought ne know the meaning of an Italian way of love.

"Wow, What a expressive dog! Do you know him?".

"A dog? Idon't know. I just came here today."


Later, I found a lot of dogs around of Palermo as I used to found them in Greece.
If it was Japan, people might send tthe dogs to be gathered.
Southern Europeans are generally kind to all these dog's behavior.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。