Mostly, this is diary.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
携帯のaddressに心当たりのない名前があった。

2004年の盛夏。
ヨーロッパに移り住む準備を進めていて身辺整理を始めた。

バイトがお休みの日、見覚えのない名前を携帯電話の中に見つける。
携帯addressの詳細を確かめてはみたが、わかったのは姓と電話番号だけ。
カテゴリーも未分類のまま。
携帯データは前にバックアップをとってあったけど、最後にとったのは3年前...だっけ?

誰...
ま、後ろめたい事は何もないはずだし。
残して置いて困るようなことはないけどな。

う~ん。
この名前に心当たりがあるとしたら...
小学校の頃、同じ名前の同級生がいた。
おとなしくていい子だったけど、携帯番号交換するほど仲良くなった事は一度もない。

他にこの名前に心当たりがあるとしたら...
お客様にも同じ名前の人がいた。
いくら私でもお世話になった方の敬称を略して、携帯番号だけ未分類のまま登録したりしないはず。

『じゃ、違う人なんじゃないか? なんて名前だ?』

う~ん。
結構気にしてるんじゃん、私。
どうすれば誰だったかわかるんだろう。
でも、忘れるほど長い間連絡とらなかったことは確かだよね。
誰か思いだせなければ、番号を持っていても連絡をかける事は有り得ないんじゃないかな。

『残して置いてもいいんじゃないか?』

うん。
でも妙に気になる。
一体誰の番号何だろう。
こっちから電話かけて、どなたですかって聞いたら間抜け?
ま、間違いなく間抜けだな。
電話してもお互いが分からなかったら情けないし。

私にヨーロッパで万が一の事があって、なんか知らないけど相手に迷惑をかけても申し訳ないし。
いっか。
消しちゃおう。

『本当に誰だか気にならないのか?』

う~ん。
...これ、誰、まじで?
多分、男だな~この扱いは。
..ちゃんも、..さんもついてないし。
気になる。
一応電話かけようかな。

リビングのすぐ上の部屋には妹がいる。
どうしよ。
電話、聞こえてお互いに誰?誰?とかいってたら不審だよね。
外に出よう...

どうしよ。
かけようか? かけまいか?
それが問題だ。
気になるのよ。
気にはなるけど、もし本当に大事な人なら会って話したいもん。
会えないなら、消そうが消すまいが同じ事だ。
ただ誰なのかわかればいいのよ。

『会って話せばいいんだな。』

まあそうだけど。
話せないから困ってんじゃん。
ま、携帯では全く通じてなかったんだ。
駄目じゃん。

『うん。』

おお? 
素直だ。私。

『で、どうなんだ?誰だかわかったのか?』

さっぱりわからない。
消してしまえ!!!

ぶちっ。

ああ、さっぱりした?!
あ、しまった。
それでも一応電話かければよかったかな。

『もう遅い。』

ああ...ま、いっか。
もう元に戻せない。
バックアップデータが無い限りは。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。