Mostly, this is diary.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080425181133.jpg

浅草公会堂
浅草公会堂の前を通ったり、中に入って見たことはあった。
もちろんスターの手形と自分の手形を比べたこともあった。
子連れ狼の手形は意外に小さいな、とか。
でも今日ほど奥に入ったことは今まで一度もなかった。

でもね、デジャヴュでこの光景をみたことはあるんだ。
赤い桃燈がこうして並んでいる様を。
見たことがあるし、そう話したこともある。
一番後ろの真ん中で。
この後の出来事はは撮影禁止。


「ほら、若旦那(?)。こんなところにきれいな花が咲いていますよ!」

「ああ、ほんとだねぇ。きれいだねぇ。」

この日、そんなことを言いながら、もそもそ後ろを通った人がいた。
茶の羽織を着ていた。
すっと手を伸ばせばオシリがさわれる距離だった。
さわってやってもいいけど、やめておこう。
それじゃただのセクハラだし。
だそれにさわったら最後、このオシリみられなくなっちゃうかもしれないんだもの。

しかし惜しかったかなあ。
さわっとけばよかったかな。
ま、いいや。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。