Mostly, this is diary.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『来れば来たで面倒な物』が来ない。
『来なければ来ないで困る物』でもある。
それが来ない。

そういうことがたまにあった。
10代の頃に多かった。
2~3ヶ月来ないことはよくあった。
いちばん酷かったのはアメリカにいた頃と記憶してる。
次は帰国した後、そして今。

産婦人科に行ったと思う。
どこだったろう。
病院は思い出せないが、処方された薬の名前と色は覚えている。
投薬を受けた時点で何か大切な物を私は失わなかったのだろうか。

pills in pink

もしかして、また叔母のいたあの病院へ行ったのだろうか。
そうだとしたらいたたまれない。
忘れていたのだから。
『もう二度と行かない』と言ったことを。
忘れていて行ったのなら、嫌みの一つも言われただろう。
そんな気がする。
叔母はいないし、来てみたが診察したくないのなら帰ると行ったのだろうか。
インフォームドコンセントについてさらに文句は言われなかったか?

それともある有名な病院に行っただろうか。
ある有名な医師に診察を受けた覚えもあるような気がする。

ただの想像か幻想か、私の世迷い言なのかな。
夜迷い言ではあるけれど。
このときももしかして妊娠していたかも知れない。
私はいつもある可能性を忘れていた。
それもうっかり忘れていたのではなかった。
ただそう思う。

もう2度とそんな思いはしたくないから、可能なら忙しすぎる生活は止めよう。
例え一行でも日記を書こう。
そうすることで自分を守るしかない。
積み重ねって大事だ。
それは努力。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。