Mostly, this is diary.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私、他にしてあげられることないから。
私、他にしてあげられることないから、英文CVのテンプレート作ってあげる。
CV下書きを作っておくから、後は必要なところを埋めて、書き直して使って。

大使館に勤務したことあって...それでCV作ったことあるの。
それにね、海外の大学院を受ける都合があって、今またそれ作り直してて...

どんなのが良いか考えてあげる。
それで、そうPDFとWordで作っておくね。
そうすれば汎用できるから...後々も書き足しては使うようにすればいいよ。

『良かったら』使って。
『良くなかったら』使わないで良いから。

でもすごく好きな分、一生懸命考えて作るから。
一生の内に自分以外の人に何かしてあげられるって特別なことだと思う。
他にしてやれることがあるかどうか、分からないからいらなくても受け取ってね。
分からないんだ。
形に残ってる物が何もないから不安なんだ。
使ってくれたら嬉しいけど、使わなくても良いからね。

う~ん。

クロノロジカルに作るのは一般的だけど、日本の履歴書みたいにね。
一般的な物なんて海外では要求されていなくて、いかに優秀かを強調すべきだし。
まず名前、住所、生年月日等の最重要事項を書く。
当たり前?
いやいやまだまだ。
This is in the middle of beginning.

経歴は効果的に宣伝すべきだから、その後に受賞歴を年代順に並べる。
また、仕事の内容によって項目を作って分類する。
項目ごとに分類した内容を年代順に並べる。
こうすることで相手により強い印象を与えられる。

あれば出版物の項目も用意して書き連ねるべき。
これも年代順。
なかったら出版物作っちゃえ。
多くなくて良いの。
コメントを寄せた雑誌も。

そうなると短い英文CVも必要だね。
短い文章で自分が誰か紹介する物。

それから、カバーレター。
無言でCV送っちゃ駄目。
挨拶文も添えなくては。
これもCVと同じで必要なところを書き換えて何度も使えるようにしなきゃ。
覚えているうちに出来るだけのことをしておくんだ。

ポートフォリオも欲しいね。
モデルなんかは写真で自分を綴るらしいから、仕事はなるべく映像(写真)等で残すように。
素人のものよりプロがいいけど...駄目なら、素人でも良いや。
写真にセンス良く仕事の内容を文字で配置して綴ると良いと思う。
古いのは写真を探してscanしよう。

海の向こう、絶対行ける。
行けると良いね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。